アクセスとVB(ビジュアルベーシック)の比較


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol171

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->アクセスとVB(ビジュアルベーシック)の比較
              
発行者:高内 章治 2012年10月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】アクセスとVB(ビジュアルベーシック)の比較

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「アクセスとVB(ビジュアルベーシック)の比較」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: アクセスとVB(ビジュアルベーシック)の比較

─────────────────────────────────

お客様から、次のような質問がありました。

「システム構築では、データベースはSQL Serverやオラクルで、プログラムは、VB(ビジュアルベーシック)が多いようですが、Accessだけでをシステムを構築しているのはあまり聞きません。
また、Accessでは、データが多くなると動ないなどをよく聞きます。
どうでしょうか?」

という質問です。

アクセスは、小規模用のデータベースです。
原則としては、1つのパソコンで使用するデータベースです。
実際は、ネットワークで4人くらいでも使っている所もあります。

アクセスは、排他制御に弱いですから、必ずバックアップをとる必要があります。
また、セキュリティも弱いです。
データ(テーブル)ごとにユーザーを管理することは出来ません。

データ数としては、データベースの作り方にもよりますが、数万件でも処理できます。
もちろん、パソコンの処理能力によります。

システム会社が作るシステムでは、データベースはSQL ServerやOracleで、Visual Basicなどのプログラムが多いと思います。

いくつか理由があります。

  • 複数で使う場合は、SQL ServerやOracleを利用することが多いです。
    排他制御、バックアップ、復元、セキュリティなどに優れています。

  • アクセスでは、パソコンにアクセスのソフト(ランタイムを含む)が必要です。VBは、そのまま動きます。
    アクセス上でアクセスのプログラムが動きますのでVBより重たいです。
    昔は、アクセス上でプログラムを動かすと、かなり重かったですが、最近は、パソコンの処理が上がっていますのでストレスは殆ど感じませんが。

  • システム会社では、VBを使える人は多いのですが、アクセスを使える人は少ないです。
    小規模システムを構築する場合、アクセスで1か月かかるのが、VBでは、2倍くらいかかります。
    それだけ、VBで作る方が、システムの構築価格が高くなります。

    でも、VBの方がアクセスに比べてシステムのエラーは少ないようです。
    アクセスは、アクセスのソフト上でプログラムが動きますから、システム的にエラーが多くなるようです。

    システム会社としては、なるべく高いシステムを売りたいという理由もあります。
    アクセスでは、データの格納のテーブルから、データ抽出・加工するクエリ、画面のフォーム、帳票のレポートを持っていますので、システム構築はかなり早くできます。

  • 企業では、会社全体で使うシステムは、VBで作って部署内とか小規模のシステムにアクセスを使うことが多いです。

  • また、企業のシステムのデータを、データウェアハウス(ユーザーが使うデータを集めたもの)データなどを準備してそのデータを取り出して加工・分析するツールとしてアクセスを使っています。
    アクセスからは、ODBCなどを使って、データにリンクします。
    クエリで、会社に必要なデータを抽出・加工します。
    これは、非常に便利です。
    テーブルとクエリをマスターすれば、大丈夫です。

  • 私の会社のお客様は中小企業が多いですので、やっぱり価格が一番大きいです。
    アクセスで作った方が、断然早いし安くできます。 

    数十人で使用する場合は、アクセスをSQL Server Express(無料)へアップサイジングして アクセスのプログラムから、ODBCでリンクして使っています。これだと、価格を安くできます。

必要に応じて、データベースや開発するソフトを選択すればよいと思います。
それぞれ、一長一短があります。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

Windows8が、10月26日に発売されます。

先日、新しい、Windows8を搭載したノートブックやウルトラブックが発表されました。
タブレットにもなる、ノートブックも発表されました。

今日は、アップルがiPad miniを発表しました。

パソコンとタブレットの競争がどんどん激しくなります。

仕事をするには、どちらを購入するか迷いますね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:370603

アクセス全体

VBA

SQL Server