画像の表示


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol172

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->画像の表示
              
発行者:高内 章治 2012年11月 7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】画像の表示

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「画像の表示」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: 画像の表示

─────────────────────────────────

Access2003以前は、テーブルに画像は、BMPファイルしか保存できませんでした。
JPGなどの保存はできません。

BMPファイルはサイズが大きくAccessが大きくなります。
あまり、サイズが大きいと、保存できない場合があります。

その為、別のフォルダーにJPGなどの画像ファイルを保存してそれを読み出していました。
読み出すときは、VBAを作る必要がありました。
かなり、面倒くさい作業です。

でも、Access2007からは、別のフォルダーにあるJPGなどの画像を簡単に取り出してフォームなどに表示することができます。

そのやり方です。

テーブルのデータ型に「添付ファイル」が追加されました。
開くと「@」(アットマーク)のようなものが表示されます。

ここで、ダブルクリックすると、添付ファイルのメッセージボックスが表示されますので「追加」をクリックします。
表示したい、画像を選択します。

「開く」をクリックします。
「OK」をクリックします。

これで、画像の場所が保存されました。
もちろんフォームからでも保存できます。

でも、テーブル上では、画像は表示されません。

フォームなどで、実際の画像を表示します。

フォームの、コントロールに紙を止める「クリップ」のアイコンがあります。
「添付ファイル」のコントロールです。

フォームに「添付ファイル」を作成します。

プロパティの「コントロールソース」でテーブルの画像の添付ファイルの「フィールド」名を選択します。
もちろんフォームのプロパティの「レコードソース」は、テーブル名を選択します。


これで、終わりです。

フォームを「フォームビュー」で開くと、画像が表示されます。

非常に簡単です。

設計、製図などの図面、顔写真、風景など画像の管理が非常に便利に
なると思います。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

今日は、アメリカの大統領選挙です。

現職で民主党のバラク・オバマ氏なのか、共和党のミット・ロムニー候補なのでしょうか。

今日の午後、どちらが勝つかわかるそうです。

現時点では、まだ競り合いが続いています。

通常は、現職が強いのですが、こんなに接戦になるのは、久々です。

4年前は、チェンジでオバマ大統領への期待が大きすぎました。
でも、今のアメリカ経済があまりよくないですからね。

世界中が注目しています。

もうすぐ、決まります。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:370603

アクセス全体

VBA

SQL Server