コンボボックスの表示


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol177

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->コンボボックスの表示
              
発行者:高内 章治 2013年2月 6日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】コンボボックスの表示

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「コンボボックスの表示」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: コンボボックスの表示

─────────────────────────────────

コンボボックスの表示で困っているお客様が多いようですね。

コンボボックスでは右の「▼」のボタンをクリックするとリストが表示されます。

ですが、せっかく登録ボタンや削除ボタンをファンクションキーに割り当てているのにコンボボックスに差し掛かるとマウスを持たなければいけないということがユーザーにはストレスになるようです。

この問題って多いですね。

ユーザーは出来れば、ファンクションキーとか、エンターキーやキーボードだけで、入力したいと思っています。

わざわざ、マウスをクリックするのは、面倒くさいですね。
無駄な時間がかかります。

コンボボックスも同じです。

私がよくおこなうのは、
コンボボックスにカーソルがきたら下矢印キー(vbKeyDown)を押して、コンボボックスのリストを開きます。

そして、リストから「上矢印キー」や「下矢印キー」でデータを選択してエンターキーを押します。
データが選択されます。

これは、次のようにやります。
コンボボックスの項目の名前を「担当者コード」とします。

■1.「担当者コード」の、「キークリック時」に以下のVBAのコードを書きます。

■2.VBAのコードです。

エラー処理も入れています。

***********************

Private Sub 担当者コード_KeyDown(KeyCode As Integer, Shift As Integer)
On Error GoTo Err_LABEL

Select Case KeyCode
Case vbKeyDown
Me!担当者コード.Dropdown
Case Else
End Select

Exit_LABEL:
Exit Sub

Err_LABEL:
MsgBox (Err.Number & "," & Err.DESCRIPTION)
Resume Exit_LABEL

End Sub

**********************

「Me!担当者コード.Dropdown」で「担当者コード」のコンボボックスのリストを開きます。
表示します。

非常に簡単です。

ユーザーにとっては、かなり使いやすくなります。

注意点としては、「下矢印キー」を動かしますので、「フォーム」のプロパティで、「キーボードイベント取得」を「はい」にしておかなければいけなかったと思います。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

最近、中国の濃霧のニュースが多いですね。

かなり続いています。
範囲も広がっています。
中国では、6億人に影響が出ているそうです。

体に危険なレベルだそうです。

排気ガスや工場、暖房器具から有害なガスが濃霧になっているようです。

日本にも風で飛んできているようですから、困りますね。

まだ、日本では人体に影響のあるレベルではないようですが。

気を付ける必要があります。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:171505

アクセス全体

VBA

SQL Server