Access2013の特徴


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol181

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->Access2013の特徴
              
発行者:高内 章治 2013年4月 3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】Access2013の特徴

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「Access2013の特徴」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: Access2013の特徴

─────────────────────────────────

マイクロソフトは、2013年2月7日に、Offce2013を発売しました。
当然、Accessも2013になっています。

■1.Accessの価格

価格ドットコムでの2013年4月3日現在の価格は次のようになっています。

ACCESSの種類 価格
Access2013 12,772円
Access2013 
アカデミック版
8,418円
 
Access2010 11,635円
Access2010
アップグレード優待版
10,287円
Access2010
アカデミック版
8,316円

OfficeProfessionalは、アップグレード版がありましたが、Access2013はアップグレード版は今はないようです。

Access2010を見ると通常版とアップグレード版の価格はあまり変わらないようですが。

以下の新機能をみると、Access2013に急いで変える必要はないと思います。

反対にAccess2013になって一部、機能が使えなくなるのは困りました。
画面も白くなって見にくいという人もいるようです。

■2.Accessの新機能

私は、まだ使っていませんが、変わった点などについて説明したいと思います。
マイクロソフトのホームページから抜粋しています。

困った所もあります。

  1. Access2003のツールバーとメニューバー
    Access2003で作成したツールバーとメニューバーは、Access2007とAccess2010ではリボンなしで表示されます。
    Access2013では、Access2013では「アドイン」タブに表示されます。
    前のプログラムが使いにくくなりますね。

  2. Access ADPが無くなります。
    SQL Server Express(無料)を使ってAccess ADPで開発する人は困るかも知れませんね。
    Access ADPが無くなって、アプリというものになるそうです。
    Sharepoint ServerのSQL Serverを使うようになるようです。
    Sharepoint Serverは有料です。
    SQL Serverの有料版と同じくらいの価格です。高いです。
    アプリで、ストアドプロシージャーなどはどうするのでしょうかね。

  3. Accessのアップサイジングウィザード
    アップサイジング ウィザードを使用すると、AccessのデータベースのテーブルをMicrosoft SQL Serverデータベースに簡単に移行することができます。
    これがAccess2013でなくなるそうです。
    これは困りますね。
    SQL Serverに簡単に移行できなくなりますね。

  4. Access97のデータベースは開けません。
    Access2013でAccess97のデータベースは開けないようです。
    これは、あまり影響はないかも知れません。

  5. ピボットグラフとピボットテーブルはない。
    Access2013には、ピボットグラフとピボットテーブルのオプションはありません。
    これも、あまり影響はないかも知れません。

  6. dBASEサポートがありません。
    外部データベースからdBASEが削除されました。
    これも、あまり影響はないかも知れません。

  7. Accessデータ収集機能はない。
    データ収集フォームを新規に作成することはできません。
    これも、あまり影響はないかも知れません。

  8. Access のレプリケーションのオプション
    mdbファイルを開くと、リボンの 「データベース ツール」タブに「レプリケーションのオプション」 が表示されます。
    この機能がなくなるそうです。
    これも、あまり影響はないかも知れません。

  9. Accessのソースコード管理
    なくなるそうです。
    これも、あまり影響はないかも知れません。

  10. Accessの3段階の状態管理ワークフロー
    ワークフローのエントリ ポイントは使用できなくなります。
    これも、あまり影響はないかも知れません。

以下は、マイクロソフトのAccess2013の機能のページです。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc178954.aspx


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

もう4月ですね。
桜が、今満開になっています。
東北や北海道はの方はまだかも知れませんね。

各地で入社式がおこなわれています。
今年の新卒の就職率はよくなっているようです。
来年はもっとよくなるようです。

安倍政権になって、円安になって株価も上がっていますからね。

景気の気は、気持ちの気でもありますから、今年は、景気がよくなるのを期待したいです。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:412301

アクセス全体

VBA

SQL Server