Access2013とAccess2010の比較


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol190

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->Access2013とAccess2010の比較
              
発行者:高内 章治 2013年8月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】Access2013とAccess2010の比較

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「Access2013とAccess2010の比較」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: Access2013とAccess2010の比較

─────────────────────────────────

現在、
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」という教材を販売しています。

Accessを使って、簡単な「在庫管理システム」を最初から最後まで作ってゆきます。

今回、「Access2013版」を作っています。

Access2013とAccess2010の比較が出来ましたので説明します。

使用する上では、殆どAccess2013は、Access2010と同じです。

最初のAccess2013を起動したときの画面と、「ファイル」タブの表示が少し変わっていますが、その他は殆ど同じです。

機能的には、SQL ServerにAccessから直接接続して使用するADPやアップサイジングの機能がAccess2013では、無くなりました。

システム開発会社の人や企業でシステム開発をしている方には影響が大きいかも知れません。

個別の違いは次のようになります。

  1. 外観

    • Access2013は、全体的に、白っぽいです。
      Access2010より少し見にくいような感じがします。

    • 立ち上げ時の画面が異なる。
      テンプレートのリストが表示されます。

    • 「空のデータベース」を作成するとき
      「空のデータベース」を作成する場合は、「空のデスクトップデータベース」をクリックして、フォルダーを選択して作成するデータベース名を入力します。

    • オプションの中の「現在のデータベース」
      Access2010のオプションの中の「カレントデータベース」がAccess2013では「現在のデータベース」になっています。
      日本語ですね。

  2. テーブル

    • ・データ型で、「テキスト型」の変更
      データ型で、「テキスト型」は、「短いテキスト」
      「メモ型」は「長いテキスト」に変更されています。

  3. フォーム

    • フォームのビューの種類
      Access2010では、表示で、「フォームビュー」「データシートビュー」「ピボットテーブルビュー」「ピボットグラフビュー」「レイアウトビュー」「デザインビュー」がありました。
      Access2013では、表示は、「フォームビュー」「データシートビュー」「レイアウトビュー」「デザインビュー」になりました。

    • フォームの作成
      Access2013では、「ピボットグラフ」「ピボットテーブル」が無くなりました。

    • Access2003のツールバーとメニューバー
      Access2003のツールバーとメニューバーは、Access2013ではリボンのアドインタブの中に表示されます。
      昔作ったシステムは、使いにくいかも知れません。

  4. VBA

    • VBAは、問題なく動きました。大丈夫だと思います。

  5. その他

    • Access ADPが使えない。
      もし、Access ADPで、SQL Serverに直接、接続して使っているシステムなどがある場合は、Access2013では使えなくなります。
      Access2010では、大丈夫です。
      多くのシステム会社や企業のシステム部門では、Access ADPで 開発しているシステムも多いと思います。
      これは、困りますね。

      対策としては、

      Access2010を使用する。
      VB.netなどに変更する。
      AccessからODBCで接続する。  
       などです。

      最新のSQL Server 2014は、Access ADPからの接続はできないようです。
      これも注意が必要です。

    • アップサイジングウィザードはなくなります。
      ADPと同じようにAccessのデータベースをSQL Serverに移行できるアップサイジングウィザードも無くなります。
      SQL Serverのインポート機能を使うしかないと思います。

Office 2013の変更点です。
マイクロソフト社のページです。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc178954.aspx

やっぱり、以前の機能はなるべく残してほしいですね。
そうでないと、以前作ったシステムの変更が必要になりますからね。

そして、追加で新しい機能を入れてほしいと思います。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

8月も終わりに近づいています。

毎日、西日本では、天気が続いて異常な猛暑が続いていました。
そして、水不足です。

でも東日本では、雨や洪水になっています。

昨日が暑さが少しよくなる処暑でした。
気温が少し下がったような気がします。

今日は、雨が降っています。

このまま、涼しくなるといいですね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:532003

アクセス全体

VBA

SQL Server