在庫管理システムの教材(Access2013)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol191

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->在庫管理システムの教材(Access2013)
              
発行者:高内 章治 2013年9月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】在庫管理システムの教材(Access2013)

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「在庫管理システムの教材(Access2013)」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: 在庫管理システムの教材(Access2013)

─────────────────────────────────

現在、
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」という教材を販売しています。

今回、「Access2013版」が完成しました。

これで、教材の種類としては、

  1. Access2000/2002/2003版
  2. Access2007版
  3. Access2010版
  4. Access2013版

の4つになりました。

Access2013は、2013年の2月に発売されました。
Access2013のシステム要件のOSは、次のようになっています。

  • Windows 7、
  • Windows 8、
  • Windows Server 2008 R2、または
    Windows Server 2012 Windows XP SP3 (32 ビットのみ)、

です。

教材の価格は、少し高い(25,000円)のですが、かなり売れています。

この教材は、簡単な「在庫管理システム」を最初から、最後まで作ってゆきます。

こういう教材は、他では、なかなか見当たらないようです。

この教材は、実際に物流関係のお客様から依頼された、在庫管理システムを教材用に、作り変えました。

実際の業務に役立つシステムをアクセスのプログラムを使って最初から最後まで作成してゆきます。

テーブルの作成から、最後の起動時の設定までプログラム全体を作ります。

実際に作ってみることにより、どのようにシステムを開発してゆくのか、どのようにアクセスを作成してゆくのかを理解することができます。

システム開発に必要な、フォームのプロパティの設定のやり方からいろいろな処理のアクセス VBAの説明を順を追って説明しています。

殆ど、VBAを使用します。
VBAは、80個弱、使用しています。

教材は、VBAお使用しますが、最初は、VBAの内容を理解する必要はありません。
コピーと貼り付けで、システムを作ってゆきます。

まず、どこで、どんなVBAを使うかを理解することが重要です。

まず使ってみることにより、徐々にVBAの中身を理解してゆきます。
最初から、VBAの中身を理解するのは難しいです。

私も、新しいシステムを作るときは、以前作ったシステムのVBAをコピーして修正しています。

システム開発で、重要なことは、実際に作って動かしてみることです。

教材には、メールサポートがついています。
メールサポートは結構、人気があります。
困ったときに、質問できるのは心強いようです。
(今の所、メールサポートの期限は決めていません)
感謝のメールも頂いています。

不明点、ご質問など、メールサポートで質問を受け付けています。

エラーなどが起こる場合は、作成したAccessのプログラムを添付して頂くとエラーの特定が早くなります。
教材のプログラムだけではなく、お客様が作成したプログラムについての筆問でも大丈夫です。

教材をご購入されたお客様からは、いろいろなご質問を頂きました。

ご質問の一部は、このメールマガジンでもご紹介しています。

もし、これからAccessでシステム開発をしたいなあとお考えの方は是非、ご検討ください。

http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html

http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

2020年のオリンピックが東京に決まりました。

テレビで、何回も放送していましたが、何回見てもいいですね。

安倍首相のプレゼンテーションも良かったですが、他の人も良かったですね。

チームワークの勝利です。

これから景気がよくなります。

目標ができるということが絶対に大切です。

技術革新もおこると思います。

日本も元気になります。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:412301

アクセス全体

VBA

SQL Server