DAO・ADOでのデータの追加


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol208

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->DAO・ADOでのデータの追加
              
発行者:高内 章治 2014年5月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】DAO・ADOでのデータの追加

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「DAO・ADOでのデータの追加」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: DAO・ADOでのデータの追加

─────────────────────────────────

Accessから、直接、テーブルやクエリにデータの追加や修正、削除をおこなう場合、DAOやADOというやり方を使用します。

今回は、データの追加のやり方です。

■1.DAOとADO

Microsoftは、Access2000以前までは、DAOを推奨していましたが、Access2000以降からは、ADOを推奨するようになりました。

最近のAccessでは、DAOが規定で入っています。
ADOは入っていません。
何か、おかしいような気がしますが。

今は、どちらを推奨しているのかよくわかりません。

Accessでは、DAOもADOどちらでも使用できます。
両方の共存もできます。

これから勉強始める人は、ADOが良いと思います。

Accessから、SQL Serverに移行したときに、一部、DAOでは、動かないケースがありました。

■2.DAOとADOの設定

DAOやADOを使用する場合、VBAの中でまずオブジェクトを設定する必要があります。

  1. DAOとADOのオブジェクト

    VBAの中のツールの参照設定で、

    Microsoft DAO x.x Object Libirary

    がDAOです。

    Microsoft ActiveX Data Objects x.x Library

    がADOです。

  2. DAOとADOの設定

    DAOやADOを使うには、参照設定で追加する必要があります。

    やり方です。

    DAOです。

    • 「ツール」の「参照設定」をクリックします。

    • Microsoft DAO x.x Object Libiraryにチェックを入れます。

    • 最初から、入っている時もあります。

    ADOの設定は次のようにおこないます。

    • 「Microsoft ActiveX Data Objects x.x Library」にチェックを入れます。
      x.xは、新しい番号が良いと思います。

    • また、スクロールして、
      「Microsoft Visual Basic for Applications Extensiblity 5.3」にもチェックを入れてください。

    • 「OK」をクリックします。

■3.DAOとADOのデータの追加のプログラムのサンプル

DAOとADOのデータの追加のプログラムのサンプルです。

(1)DAOのプログラムサンプル

************************

Dim dbs As Database
Dim rst1 As DAO.Recordset

Set dbs = CurrentDb
Set rst1 = dbs.OpenRecordset("T_TANA_NYUKA", dbOpenDynaset)

rst1.AddNew
rst1!BARCODE = CODE
rst1!P_CD = Me!P_CD
rst1!STAFF_CD = Me!STAFF_CD
rst1!INPRICE = rst!INPRICE
rst1!INQTY = rst!INQTY
rst1.UPDATE

rst1.Close: Set rst1 = Nothing

********************

(2)ADOのプログラムサンプル

*********************

Dim cn As New ADODB.Connection
Dim rst As New ADODB.Recordset

Set cn = CurrentProject.Connection
Set rst = New ADODB.Recordset
rst.Open "T_SEISAN", cn, adOpenKeyset, adLockOptimistic


rst.AddNew
rst!ORDER_NO = Forms![F_URIAGE]!ORDER_NO
rst!REJI_CD = Forms![F_URIAGE]!REJI_CD
rst!STAFF_CD = Forms![F_URIAGE]!STAFF_CD

rst.UPDATE

rst.Close: Set rst = Nothing

*********************


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

もう、6月になります。

ブラジルでサッカーのワールドカップが始まります。

6月14日にコートジボアール
19日にギリシャ
24日にコロンビア

ですかね。

日本だと、次の日の朝のようです。

もうすぐです。

まずは、予選突破ですね。

頑張って欲しいと思います。

でも、ブラジルの球場の建設が遅れているのが少し心配です。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:350603

アクセス全体

VBA

SQL Server