セキュリティ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol212

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->セキュリティ
              
発行者:高内 章治 2014年7月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】セキュリティ

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「セキュリティ」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: セキュリティ

─────────────────────────────────

最近、ベネッセグループの顧客情報漏洩事件がマスコミで報道されています。

被害の漏えい件数は、2000万件などと言われています。
もっと、増えるかも知れないそうです。

すごい数です。
企業としては、致命的ですね。

問題なのは、データの漏えいがハッカーやウィルスなどの外部からの侵入では、なくて、内部の人が持ち出したということです。

企業の管理の問題になりますからね。

孫請けの、SEの人が、USBやスマートフォンで持ち出したそうです。

もちろん、持ち出すのが悪いですが、会社のセキュリティの管理にも責任があります。

以下のような問題や対策は、必要ですね。

  1. USBへのアクセス

    顧客情報に接続する端末は、USBなどの外部に保存できるメディアは使用出来ないようにすべきですね。

    Windows Serverなどのドメイン管理では、そういうことが出来たと思います。

    別にそういうソフトもあると思います。

  2. シンクライアント

    シンクライアントという端末があります。
    クライアントの端末は、必要な機能だけが出来るようになった端末です。

    もちろん、インターネットなどには繋げません。

    こういう端末を検討するのもいいかも知れません。

  3. 組織の問題

    ベネッセから委託されたシステム会社が、作業を他のシステム会社に丸投げしていたそうです。
    その派遣社員のSEが、データを盗み出したようです。

    かなり以前から、データを盗んでいたそうです。

    ベネッセのシステム会社が、顧客情報のデータの履歴を管理していたら、もっと早く、対策が打てたでしょうね。

    組織の問題です。

    システム会社って、建設会社のように、子請け、孫請け、個人など
    の下請けの関係って多いのですよ。

    昔、マイクロソフトのセミナーで、企業から直接、受注している、1流企業のシステム会社の人達が話していましたが、彼らは、プログラムの作成は出来ないそうです。
    仕様書だけを作成するそうです。

    驚きますが事実です。

    下請け、孫請けのシステム会社が、実際にプログラムを作成するそうです。
    それで、よいシステムは出来ませんね。

  4. Accessの問題

    ここから、Accessになります。

    Accessのセキュリティは、あまり強くないですね。

    やり方としては、次の2つがあります。

    • データベースにパスワードを設定する

      やり方の参考ページです。

      http://www.sk-access.com/mailmaga/vol202.html

    • ユーザーアカウントの作成

      ユーザーレベルのセキュリティ機能は、accdbなどの新しいファイル形式ではなくなったそうです。

  5. SQL Server

    Accessでは、誰でも、データにアクセスできます。

    困りますね。

    SQL Serverや、Oracleなどのデータベースに変更するしかないと思います。

    SQL Serverのテーブルは、セキュリティ機能が優れています。

    例えば、
    人事データは、人事の人だけとか、経理データは、経理の人だけという管理も出来ます。
    閲覧だけとか、修正、追加、削除などをテーブルごとに個別に設定することもできます。

    Accessで、セキュリティに問題がある場合は、検討してもよいと思います。

    SQL Serverには、Expressという無償のデータベースがありますから、最初は、Expressを使うのもよいと思います。

    思っているより簡単にAccessからSQL Serverに移行できます。

参考です。

http://www.sk-access.com/sqlserver/sql_server1.html


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

今週始めに、九州は、梅雨があけました。

昨日は、関東甲信地方が梅雨明けしたそうです。

急に、暑くなっています。

最高気温が30度以上の「真夏日」となった地点は22日午後3時現在、全国927地点のうち532地点に上ったそうです。

また猛暑が始まります。

熱中症に気をつけないといけませんね。

水分をこまめに補給したり、冷房を適切に利用したりしましょう。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:350603

アクセス全体

VBA

SQL Server