Accessのプログラムの配布


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol216

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->Accessのプログラムの配布
              
発行者:高内 章治 2014年9月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】Accessのプログラムの配布

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「Accessのプログラムの配布」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: Accessのプログラムの配布

─────────────────────────────────

最近、お客様から、よく質問があります。

Accessで作ったプログラムを、ユーザーに配布したいが良い方法はないか。
ユーザーには、Access Runtime(アクセスランタイム)を使用したいということです。

Access Runtimeは、Accessのプログラムを使用するだけのソフトです。無料です。
バージョンごとに、あります。
Access 2007/2010/2013などです。
ランタイムは、作成したプログラムと同じ、AccessのRuntimeのバージョンがよいですね。

データベースがAccessと、SQL Serverの場合について説明します。

■1.Accessの場合

通常は、Accessのプログラムは、1人で使用するのですが、現実的には、複数で使用している場合もあります。

そのときは、テーブルの入ったAccessと、クエリ、フォーム、レポートのAccessを分けます。

そして、クエリ、フォーム、レポートのAccessからテーブルのAccessへ、リンクを使って使用します。

  1. 前提条件

    • サーバーに、テーブルの入ったAccessがあります。

    • クライアント1には、
      正規版のAccessのソフトが入っているとします。
      ここで、accdbやaccdeのプログラムを作って、他のパソコン、クライアント2などに配布するとします。

    • クライアント2には、
      Access Runtimeをいれてaccdbやaccdeのプログラムを使用するケースです。

  2. やり方です。

    • サーバー

      • サーバーに、テーブルの入ったAccessを入れます。
        フォルダーを共有にします。

    • クライアント1

      • クライント1で、サーバーのテーブルの入ったAccessのフォルダーを 「ネットワークドライブの割り当て」で特定のドライブ「Z:」などに割り当てます。

      • クライアント1のクエリ、フォーム、レポートのAccessのaccdbから「Z」ドライブのAccessのテーブルにリンクします。
        このとき、必ず、accdbは起動時の設定で必ず、トップページのフォームが表示するようにしておく必要があります。

      • 必要であれば、accdeのプログラムを作成します。

      accdeは、テーブルやクエリ、フォーム、レポートなどを非表示したユーザー用のプログラムです。
      これは、作っても作らなくてもよいです。

      クライアント1のaccdbやaccdeを他のクライアントに配布します。

    • クライアント2

      • AccessのRutime(無料)をダウンロードしてインストールします。
        クライアント1で作成した、accdbのAccessのバージョンと同じものが良いと思います。

      • クライント1と同じように、サーバーのテーブルの入ったAccessのフォルダーを「ネットワークドライブの割り当て」で特定のドライブ「Z:」などに割り当てます。
        クライアント1のドライブと同じにします。

      • クライアント1のaccdbやaccdeをコピーします。

      • これで動くと思います。


■2.SQL Serverの場合

  1. 前提条件

    • サーバーに、SQL Serverのデータが入っています。

    • クライアント1には、
      正規版のAccessのソフトが入っているとします。
      ここで、accdbやaccdeのプログラムを作って、他のパソコン、クライアント2などに配布するとします。
      ODBC接続です。 

    • クライアント2には、
      Access Runtimeをいれてaccdbやaccdeのプログラムを使用するケースです。

  2. やり方です。

    • サーバー

      • SQL Serverが入っています。

    • クライアント1

      • クライアント1で、ODBCを設定します。

      • accdbのAccessて、SQL ServerにODBC接続でリンクします。
        このとき、必ず、accdbは起動時の設定で必ず、トップページのフォームが表示するようにしておく必要があります。

      • 必要であれば、accdeのプログラムを作成します。

        クライアント1のaccdbやaccdeを他のクライアントに配布します。

        クライアント1のaccdbでSQL Serverにリンクするときに、パスワードを保存すると、accdbやaccdeを立ち上げたときにパスワードは聞いてきません。

    • クライアント2

      • AccessのRutime(無料)をダウンロードしてインストールします。

      • クライアント1で作成した、accdbのAccessのバージョンと同じものが良いと思います。

      • クライアント1と全く同じ設定でODBCを作成します。

      • クライアント1のaccdbやaccdeをコピーします。

      • これで動くと思います。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

スコットランドで、今日、住民投票があります。

イギリスから独立するかどうかの投票です。

住民の関心が高いですね。

独立の賛成派と反対派は、拮抗しているそうです。

世界が注目しています。

ウクライナとか、他のヨーロッパの国にも影響があるそうです。
世界への経済的にも、影響があるそうです。

注目ですね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:151505

アクセス全体

VBA

SQL Server