クエリの活用


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol218

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->クエリの活用
              
発行者:高内 章治 2014年10月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】クエリの活用

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「クエリの活用」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: クエリの活用

─────────────────────────────────

皆さんは、クエリを活用していますか。

Accessは、システムを構築するだけでは、ありません。

クエリは、いろいろなデータを抽出、加工することができます。

会社としては、こちらの方がメリットがあるのかも知れません。

あなたの会社に、経理のデータや売上のデータはありますか?

もしあるのであれば、クエリを使って、いろいろなデータを抽出加工することができます。
以下のような流れになります。

  1. データの準備

    一般的に、経理や売上や、在庫などのデータがある場合、SQL Serverや、オラクルのデータベースを使っています。

    そこから、直接データを取り出すこともできますが、元データから、一部のデータを取り出して、ユーザー用のデータを作成した方がよいと思います。

    経理や売上や、在庫などを管理しているシステムの担当の人に依頼します。

    SQL Serverや、オラクルのデータベースを使用するユーザー名やパスワードを発行して貰います。

  2. ODBCの設定

    SQL Serverやオラクルのデータベースから、データを抽出する場合、Accessから直接、接続することは、出来ません。

    Access2010までは、Access ADPがありましたが、Access2013からは、機能がなくなりました。

    ODBCで接続する必要があります。

    ODBCは、SQL ServerやオラクルのデータベースとAccessを繋ぐソフトと思ってもらったらよいと思います。
    Windowsには、標準で入っています。
    コントロールパネルの管理ツールの中です。

    SQL Serverやオラクルに接続するドライバーもODBCの中に入っています。

    ODBCで接続します。
    実際のやり方は、インターネットにも沢山ありますし、私のメルマガにもあります。

  3. Accessからリンクします。

    AccessからODBCを使用して、SQL Serverやオラクルのデータベースにリンクします。

  4. クエリを作成します。

    クエリで、抽出したいデータを作成します。

    クエリのメリットは、データの結合が簡単にできることです。

    例えば、

    クエリで、売上のデータから製品別の売上の合計数量や合計金額など簡単に作成したとします。

    製品別の原価のデータがあれば、製品別に結合することにより、製品別の利益なども簡単に作成することができます。

    エクセルでも、データを抽出することはできます。
    でも、この結合することが簡単には出来ません。

  5. クエリのデータをエクセルへエクスポートする

    作成したクエリのデータは、簡単にエクセルへエクスポートできます。

    必要なデータに加工します。
    グラフなどにすると見やすいですね。

データは、意思決定に使用することが重要です。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

台風19号が、日本を縦断しました。
18号から続けてです。

今回の台風の方が大きかったですね。

各地に、被害をもたらしました。
雨や風の被害が大きかったですね。

10月に入ってからの台風も珍しいようです。

温暖化の影響でしょうか。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:402301

アクセス全体

VBA

SQL Server