リンクするときの注意点


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol222

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->リンクするときの注意点
              
発行者:高内 章治 2014年12月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】リンクするときの注意点

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「リンクするときの注意点」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: リンクするときの注意点

─────────────────────────────────

SQL Serverに、AccessからODBCでリンクする場合に注意点が必要です。

お客様で、問題が出ました。

サーバーにSQL Serverをインストールしました。

1台のクライアントに、Accessのプログラムを入れています。

そのAccessのプログラムからODBCを使用して、SQL Serverに接続してリンクします。
そのプログラムを動かして、SQL Serverを使用します。

このAccessのプログラムを共有して、複数のクライアントからこの共有した、Accessのプログラムを動かすとエラーが、発生したそうです。

これは、複数の人が同じ共通のAccessを使用するとエラーが出るようです。
同じテーブルへのアクセスが出来なくなるようです。

多分、複数の人がAccessを使っていますので、複数のODBCでの接続は出来ないようです。

こういう場合は、Accessのプログラムを、それぞれの、クライアントのパソコンにコピーして、それぞれのパソコンにODBCを設定します。

そして、それぞれのパソコンで、Accessのプログラムを動かします。

これだと、複数の人が、AccessからSQL Serverのテーブルを修正しても大丈夫です。

共有で使用する方が、クライアントに何も設定したりしなくてよいのですが、動きませんので注意が必要です。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

今週末に、衆議院選挙があります。

選挙運動が、激しくなっています。

新聞やテレビは、自民党の圧勝のような報道が多いですが、どうでしょうか。

投票日まで、わかりませんね。

慎重に選ぶ必要があります。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:350603

アクセス全体

VBA

SQL Server