変数の宣言を強制する


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol225

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->変数の宣言を強制する
              
発行者:高内 章治 2015年1月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】変数の宣言を強制する

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「変数の宣言を強制する」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: 変数の宣言を強制する

─────────────────────────────────

お客様で問題が出ました。

「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」という教材では、教材のVBAをフォームに貼り付けて、プログラムを作ってゆきます。

そこで、エラーが発生しました。

「コンパイルエラー 変数が定義されていません。」

というエラーです。

調べると、

フォームのVBAの一番上の宣言セクションが、

Option Compare Database
Option Explicit

になっていました。

Accessの規定値では、フォームのVBAの一番上の宣言セクションは、

Option Compare Database

だけになります。

Option Explicit

が追加されていました。

これは、変数の宣言を強制します。
つまり、絶対に全部の変数を宣言する必要があります。

でも、Accessの最初の既定値では、変数の宣言は強制してはいません。
つまり、必要な場合だけ、変数を宣言するようになっています。

インターネットを見ると、Option Explicitを入れた方がよいという意見もあります。

私は、最初は、この機能は知りませんでした。
お客様のプログラムにも、Option Explicitは入れていません。
でも、今の所、問題は発生していません。

全部の変数をきちんと定義したい方は、入れた方がよいと思います。

新しく、フォームのVBAを作成するとき、自動で、Option Explicitを追加したい場合は、

VBAの画面で、

ツール、オプション、編集タブの「変数の宣言を強制する」にチェックを入れます。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

サッカーのアジアカップが始まりました。
3連勝で、決勝トーナメントです。

そして、全豪オープンで、錦織が初戦に勝ちました。
強くなった気がします。

両方とも、楽しみです。

頑張って欲しいですね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:350603

アクセス全体

VBA

SQL Server