カレント行の背景色の変更


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol227

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->カレント行の背景色の変更
              
発行者:高内 章治 2015年2月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】カレント行の背景色の変更

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「カレント行の背景色の変更」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: カレント行の背景色の変更

─────────────────────────────────

お客様から質問がありました。

フォームや、サブフォームなどに、表形式で、データを表示している場合です。

行を選択したら、その行の全部のフィールド(テキストボックス)の背景色を変更したい場合がありますね。
その方が、どこの行を選択しているのか、一目瞭然です。
この要求は、ユーザーからよくあります。

「カレント行の背景色の変更」です。

Accessには、「条件付き書式」というものがあります。
いろいろな条件で、背景色などを変更することができます。

1つの項目(フィールド)を選択したときに、背景色を変更する場合は、「条件付き書式」だけで、変更することができます。

そのやり方は、以下のように設定します。

  • まず表形式のフィールドを選択します。クリックします。

  • リボンの「書式」タブの「条件付き書式」をクリックします。

  • 「条件付き書式ルールの管理」の画面が表示されます。

  • 設定する項目名が表示されていると思います。

  • 「新しいルール」をクリックします。

  • 「新しい書式ルール」の画面が表示されます。

  • 「ルールの種類を選択してください」を

  • 「現在のレコードの値を確認するか、式を使用する」を選択します。

  • 「ルールの内容を選択してください」の「次のセルのみ書式設定」を「フォーカスのあるフィールド」を選択します。

  • 下の背景色のボタンで好きな色を選択してください。

  • 「OK」をクリックします。

  • 前の画面に戻りますので、「OK」をクリックします。

でも、このやり方では、選択したフィールドだけです。
選択した行全体の背景色は変更することは出来ません。

行全体の背景色を変更する場合は、少し工夫が必要です。

やり方は、

新しく項目(非連結のテキストボックス)を作り、「レコード移動時」で、主キーなどの重複のないデータを書き込みます。
そのデータと主キーなどの重複のないデータが同じだったら背景色を変更します。

これが、一番、簡単だと思います。

例をあげて説明します。

「製品マスタ」を例にして説明します。
「製品コード」(主キー)と「製品名」のフィールドを持っているとします。
フォームの表形式のデータは、このテーブルに連結されているとします。

新しいフィールドを作ります。
例えば「製品コード1」とします。
これは、非連結です。

フォームの「レコード移動時」に重複のない主キーなどの項目を上の新しいフィールドに入れます。
例えば「製品コード」を「製品コード1」に入れます。

以下のようになります。

********************

Private Sub Form_Current()
Me!製品コード1 = Me!製品コード
End Sub

*********************

この設定で、フォームの表形式データの「製品コード」をクリックすると、クリックした行の「製品コード」が「製品コード1」に入ります。

ここで、一度フォームを保存します。

そして、他の、すべての項目(フィールド)のテキストボックスの「条件付き書式」で背景色を設定します。
「製品コード」と「製品コード1」のデータが同じであれば背景色を変更します。

以下やり方です。

  • まず表形式のフィールドを選択します。クリックします。

  • リボンの「書式」タブの「条件付き書式」をクリックします。

  • 「条件付き書式ルールの管理」の画面が表示されます。

  • 設定する項目名が表示されていると思います。

  • 「新しいルール」をクリックします。

  • 「新しい書式ルール」の画面が表示されます。

  • 「ルールの種類を選択してください」を「現在のレコードの値を確認するか、式を使用する」を選択します。

  • 「ルールの内容を選択してください」の「次のセルのみ書式設定」を「式」を選択します。

  • 右の空白に

    [製品コード]=[製品コード1]

    にします。

  • 下で、背景色を設定します。

  • 他の項目も全部、同じように設定します。

  • 新しく作成したフィールド(製品コード1)を非表示(可視:いいえ)にします。

これで、非常に見やすい表になります。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

最近、工場が海外から、国内に回帰しているニュースが多くなっています。

キャノン、パナソニック、東芝、シチズンなどです。

国内の工場が大きくなったり、投資が増えると、雇用が生まれます。
製造業は、小売業よりも雇用人数が大きいですから、よいですね。

正社員も増えます。

円安の影響ですね。
原油が下がっているのもいい影響を与えているようです。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:151505

アクセス全体

VBA

SQL Server