AccessからSQL Server 2016へのテーブルの移動の注意点


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol276

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->AccessからSQL Server 2016へのテーブルの移動の注意点
              
発行者:高内 章治 2017年1月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】AccessからSQL Server 2016へのテーブルの移動の注意点

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「AccessからSQL Server 2016へのテーブルの移動の注意点」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: AccessからSQL Server 2016へのテーブルの移動の注意点

─────────────────────────────────

遅くなりましたが、
新年、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

「Access」から「SQL Server Express」への移行の教材を販売していますので、「SQL Server」についての質問も、かなりあります。

今回は、
「Access」から「SQL Server 2016 Expess」へテーブルを移行する時の、注意点について説明します。

  1. 移行するツール

    「Access」から「SQL Server 2016 Express」へ移行するツールとしては、以下の3つのやり方があります。

    • アップサイジング
    • SQL Server Migration Assistant for Access
    • データのインポートおよびエクスポート

    です。

    順番に説明します。
    それぞれの注意点についても説明します。

  2. アップサイジング

    「アップサイジング」は、「Access」が持っている機能です。
    「Access」のテーブルを「SQL Server」へ一括で、自動で移行するツールです。

    でも、「Access 2013」からは、この機能がなくなりました。
    「Access 2010」まではあります。

    「SQL Server 2016 Express」には、「Access 2010」からのみ「アップサイジング」出来ます。

    「主キー」や「テーブル」の構造、中の「データ」を移行することが出来ます。

    テーブルごとの個別のリレーションも移行できますが、Accessのリレーションシップに相当する「SQL Server」の「データべースダイアグラム」は、作成出来ません。

    注意点としては、
    「Access」から「SQL Server」へのアップサイジングの後に、「データべースダイアグラム」に「テーブル」を追加すれば、自動的に、リレーションシップが作成できます。

  3. SQL Server Migration Assistant for Access

    「アップサイジング」が出来ない場合は、マイクロソフト社が「Access」から「SQL Server」に移行するツールとして、「SQL Server Migration Assistant for Access」をサポートしています。
    でも、「英語版」しかありません。

    「主キー」や「テーブル」の構造、中の「データ」を移行することが出来ます。

    テーブルごとの個別のリレーションも移行できますが、Accessのリレーションシップに相当する「SQL Server」の「データべースダイアグラム」は、作成出来ません。

    注意点としては、
    「SQL Server Migration Assistant for Access」のバージョンは、「7.0」を使用してください。
    「7.0」が「SQL Server 2016」をサポートしています。

    また、「データべースダイアグラム」に「テーブル」を追加すれば、自動的に、リレーションシップが作成できます。

  4. データのインポートおよびエクスポート

    「SQL Server」の「データのインポートおよびエクスポート」を使って、「Access」のテーブルを「SQL Server」へインポートすることが出来ます。

    テーブル構造と中のデータを移行することが出来ます。

    注意点としては、
    「主キー」の設定は移行できませんので、後で設定する必要があります。

    また、リレーションシップも移行できませんので、「データべースダイアグラム」で作成する必要があります。


「Access」から「SQL Server 2016 Express」へデータを移行する場合、「アップサイジング」が出来ない場合は「SQL Server Migration Assistant 7.0 for Access」がお勧めです。

やり方については、私のホームページ内で、検索すると、個別に表示されますので、そちらをご覧ください。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

今年の、お正月はいかがでしたか。

休日は少なかったですが、天気が良かったし暖かかったので良かったですね。

今年は、アメリカも、トランプ大統領になります。
世界中に影響を与えるかも知れませんね。

日本には、良い影響を与えればよいですが。

今年も宜しくお願い申し上げます。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:121505

アクセス全体

VBA

SQL Server