●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

フォームとプロパティ


NO 内容 分類 発行日
vol281 フォームとプロパティ フォーム 2017年3月23日

お客様から、「フォーム」の「プロパティ」について質問があったので、「プロパティ」について説明します。

このホームページでも、たくさん説明していますが、再度説明します。

「フォーム」を作成する場合、「フォームウィザード」を使うと、ある程度、「テキストボックス」や「ラベル」、「ボタン」、「サブフォーム」などの「コントール」を作成することが出来ます。

でも、詳細を作成したり、修正する場合は、「プロパティ」を理解する必要があります。

「フォーム」は、「プロパティ」が命です。

「プロパティ」とは、日本語で「特性」とか「属性」いう意味です。

「フォーム」を作成する場合、「テキストボックス」や「ラベル」、「ボタン」など、いろいろな「コントロール」を使用します。

「コントロール」は、以前は「部品」と呼んでいました。

それぞれの、「コントール」には、「プロパティ」を持っています。
「属性」ですね。

例えば、「テキストボックス」ですと、


  • 高さ
  • 入力のフォント
  • 入力文字の色
  • 背景色

など、数十も「属性」を持っています。

「プロパティ」は「プロパティシート」でいろいろな設定が出来ます。

「プロパティ」で、どのようなことが出来るのかは、知っておいた方がよいですね。

でも、全部、覚える必要はありません。
必要な部分だけ、覚えておけばよいです。

「プロパティ」だけの参考書も書店で販売されています。
インターネットにもたくさん情報があります。
わからない時に調べればよいと思います。


■1.「プロパティシート」の表示方法

「プロパティシート」を表示させるには、以下のような
やり方があります。

  1. 右クリックを使用する

    • 「テキストボックス」や「ボタン」などの「コントロール」を選択します。
    • 右クリックします。
      一番下に「プロパティ」がありますのでクリックします。
    • 「プロパティシート」が表示されます。

  2. リボンを使用する

    • 「テキストボックス」や「ボタン」などの「コントロール」を選択します。
    • リボンの「デザイン」タブの「ツール」グループの「プロパティシート」をクリックします。

  3. プロパティシートを使う

    • 「プロパティシート」が表示されていれば、修正したい、「コントロール」をクリックすると、該当する「プロパティシート」が表示されます。
    • または、「プロパティシート」の上に「コンボボックス」が表示されていますので、そこで、該当する「コントール」を選択します。
      ここは付けた「名前」になっています。


■2.プロパティのタブグループ

「プロパティ」には大きく5つのタブに分かれています。
それぞれの内容を説明します。

  1. 書式タブ
    このコントールの表示や外観を設定します。

  2. データタブ
    このコントールに連結されたデータの設定です。

  3. イベントタブ
    このコントールに対していろいろなイベント(動作)を設定することができます。
    例えば、「ボタン」に対してクリックしたときの処理を設定したい場合は、「クリック時」に設定します。

  4. その他
    その他の設定です。
    「コントロール」の「名前」や「タブ」の条件などを設定します。

  5. すべて
    すべての設定が表示されます。


それぞれの詳細については、別途、説明していますので、以下をご覧ください。

・「プロパティ」とは、

・「プロパティシート」の「書式」タブ

・「プロパティシート」の「データ」タブ

・「プロパティシート」の「イベント」タブ

・「プロパティシート」の「その他」のタブ


参考にしてください。



おすすめ教材


就職・転職にはマイクロソフトオフィスの知識が必修です。





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:341108

<<全ページのメニューリストです>>

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)全体

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

マクロ

VBA

SQL Server

システム開発

SQL Azure

その他