SQL Serverのテーブルの削除


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol304

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->SQL Serverのテーブルの削除
              
発行者:高内 章治 2018年1月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】SQL Serverのテーブルの削除

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「SQL Serverのテーブルの削除」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: SQL Serverのテーブルの削除

─────────────────────────────────

お客様から質問がありました。

Accessのテーブルを、SQL Serverに移行してODBC接続でリンクしたそうです。
VBAで、
DoCmd.DeleteObject acTable,”テーブル名”
を実行したようですが、エラーが出たそうです。
以前のAccessのテーブルでは、動いていたそうです。


この、DoCmd.DeleteObjectのコマンドは、テーブルなどのオブジェクトを削除することができます。
テーブルの中のデータではなくてオブジェクト自体を削除することができます。

でも、今回、AccessのテーブルはSQL Serverに移行しましたので、削除は出来ないと思います。
テーブルは、Access内ではなくて、SQL Server側にありますので。
Accessからはリンクしています。

SQL Serverのテーブルなどを削除したい場合は、以下のような方法があります。

  1. SQL Server Management Studioを使用する

    SQL Server内で「SQL Server Management Studio」などの、GUIのツールを使うことが出来ます。

    手動でテーブルなどを削除することができます。


  2. ストアドプロシージャを使用する

    SQL Serverには、ストアドプロシージャというのがあります。

    ストアドプロシージャの中で、プログラムを作成することでテーブルなどを削除することができます。

    ストアドプロシージャ内では、

    DROP TABLE [テーブル1];

    でテーブルを削除することができます。
    このストアドプロシージャを実行すればテーブルなどを削除することができます。

    「SQL Server Management Studio」内で、手動で実行することができます。


  3. パススルークエリで動かす

    Accessから、SQL Serverのテーブルを削除したい場合もあります。

    Accessには、パススルークエリというものがあります。
    これは、ODBC接続しているSQL Server側で実行することが出来ます。

    このパススルークエリに

    DROP TABLE [テーブル1];

    を書いて、実行すればSQL Serverのテーブルを削除することが出来ます。
    実際にやってみましたら動きました。


  4. VBAで、ストアドプロシージャを動かす。

    「2」でストアドプロシージャを作成することができれば、AccessのVBAから実行することができます。

    以下のVBAでストアドプロシージャを実行します。

    「SQLOLEDB」接続で、SQL Serverに接続して実行します。

    **********************************************

     Dim cnn As New ADODB.Connection
    Dim cmd As New ADODB.Command
    Dim rst As New ADODB.Recordset

    Set cmd = New ADODB.Command
    cnn.ConnectionString = " Provider = SQLOLEDB;" & _
    " Data Source = A\SQLEXPRESS;" & _
    "Initial Catalog = master;" & _
    "User ID = sa;" & _
    "Password = 999 "

     cnn.Open

    With cmd
    .ActiveConnection = cnn
    .CommandType = adCmdStoredProc
    .CommandText = "ストアドプロシージャ名"
    End With


    Set rst = cmd.Execute
    Set cmd = Nothing

    End Sub

    **************************************


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

今週は、すごい雪ですね。
今も、雪が降っています。

日本海側も大雪になっているそうです。

今週は、東京もすごい雪になっています。
20センチ近くも積もっているようです。

交通機関も運休や遅れが出ているようです。

交通事故も多くなっていますね。

雪で滑ることもあります。
十分に気をつける必要がありますね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
14:111505

アクセス全体

VBA

SQL Server