Accessの回復処理


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol318

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->Accessの回復処理
              
発行者:高内 章治 2018年8月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】Accessの回復処理

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「Accessの回復処理」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: Accessの回復処理

─────────────────────────────────

お客様から質問がありました。

Office365になって、よく、Microsoft Accessで回復処理が実行されるそうです。
この処理では、データベースのバックアップコピーが作成され、回復したすべてのオブジェクトが新しいデータベースに配置されるそうです。
回復が完了すると、新しいデータベースが開きます。
回復に失敗したオブジェクトの名前は"Recovery Errors"テーブルに記録されるそうです。


Access2013以前は、頻繁にはエラーは出なかったそうですが、Office365のAccess2016になってから、よくエラーが起こるようになったそうです。

以下の内容を連絡しました。

これは、データベースでエラーが出る場合のやり方です。

  1. 同じPCで起こるか

    そのAccessのデータベースは、同じPCで回復処理が起こりますか?
    他のAccessの入ったパソコンでも同じエラーが出ますか。
    もし、同じパソコンだけで起こるようであれば、そのパソコンにインストールされているAccessの可能性があります。
    一度削除して、再インストールした方が良いと思います。
    Offceのアップデートは行った方がよいです。

    Office365になってから、いろいろな問題が起きています。
    私も数回、再インストールしています。

  2. データベースの破損

    他のパソコンでもエラーが起こる場合は、データベースが壊れている可能性があります。
    新しい空のデータベースを作成して、エラーの出る、テーブルをコピーして貼り付けてください。
    そしてエラーが出るか確認してください。
    エラーが出ない場合は、クエリやフォーム、レポートなどがあれば、それもコピーして貼り付けてください。

    これで、かなり治る場合があります。

  3. 個別のテーブル

    「2」でもダメな場合は、個別にテーブルを1つずつコピーします。
    エラーが出ないテーブルだけコピーします。

    データベースに矛盾があるようであれば、どのテーブルが問題なのか調べる必要があります。

  4. 再作成する

    「3」でもダメな場合は、空のデータベースを作成して、個別にテーブルをマニュアルで作成します。
    現在のエラーの出るテーブルをエクセルにエクスポートします。
    そのデータを、新しいAccessにインポートします。


テーブルのAccessと、クエリ、フォーム、レポートのAccessを分けるデータべーの分離はやったほうがよいですね。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

お盆ですね。
暑いので、お墓参りも大変でした。
お花も持ちませんね。

明日から仕事の人もいるでしょうが、今週の終わりまで休みの人もいるようです。

それにしても異常な暑さです。

今週の終わり頃から少し気温が下がるようですが。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:320603

アクセス全体

VBA

SQL Server