Windows7


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol329

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->Windows7
              
発行者:高内 章治 2019年2月 6日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】Windows7

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「Windows7」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: Windows7

─────────────────────────────────

皆さんや皆さんの会社では、まだ、Windows7のパソコンを使用していますか?

Microsoftは、Windows7は、延長サポートが、2020年1月14日に切れると、かなり以前からアナウンスしています。

あと、1年です。

2014年4月のWindows XPサポート終了にときも、世界中の顧客や関連企業を巻き込んで大騒動となったですね。

そのときは、Microsoftは影響の大きさを考えて、特別に一部顧客を対象に「有償」でWindows XPの延長サポートを継続したそうです。

StatCounterによるOS利用シェアの調査結果によれば、Windows 7は、2018年8月時点でなお38.65%とWindows全体の4割近いシェアを抱えているそうです。

これを今後1年半ほどで減らし、1桁%程度の水準まで落としていかなければいけないそうです。
現在の減少ペースを考えれば、かなり厳しいようです。

2019年のタイミングには減少スピードが加速してある程度の成果を出せると予想されるそうですが、2020年1月のタイミングでは一定数のユーザーがWindows 7に残る可能性があるそうです。

そこでMicrosoftは「Windows 7 Extended Security Updates(ESU)」の名称で、Windows 7の延長サポート終了後も「有償」でサポートを継続することを発表したそうです。

ESUの対象となるのは「Windows 7 Professional」または「Windows 7 Enterprise」をボリュームライセンスで導入しているユーザーだ。最終的にWindows 10のような新OSに乗り換えることを前提に、2023年1月までWindows 7 ESUによるアップデートを提供するそうです。

大手の企業であれば、有償でもよいですが、個人や中小企業では厳しいですね。

Windows10などに、移行できるのであれば、今から、検討すべきですね。

Accessのプログラムについては、前のAccessのバージョンは、後のバージョンでは、動くと言われています。

例えば、
Access2010やAccess2013で作成した、Acessのプログラムは、Access2016でも動くということです。

ですので、もし、Windows7で、Accessなどのプログラムがある場合は、新しいAccessでも動くことを確認した方がよいですね。

パソコンも、Windows7を使っているのであれば、今後どうするか早急に考えた方がよいですね。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

インフルエンザが猛威を振るっています。

患者数が、1週間で、168万人だそうです。
それでも、前の週よりも減少したそうです。

すごい数ですね。

一般的には、寒い地域が患者は多いですね。

まだ、増えそうですね。

うがい、手洗い、食事、睡眠に気を付ける必要がありますね。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
11:501704

アクセス全体

VBA

SQL Server