ODBCのデータソース


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vol330

これならわかるマイクロソフトアクセス活用法
            -->ODBCのデータソース
              
発行者:高内 章治 2019年2月20日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏ 今日の内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃【01 - ご挨拶    】
┃【02 - トピックス  】ODBCのデータソース

┃【03 - 編集後記    】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────
【01 - ご挨拶    】          
─────────────────────────────────

こんにちは、高内(こうない)です。

今回は、

「ODBCのデータソース」

についてお話したいと思います。




─────────────────────────────────

【02 - トピックス】: ODBCのデータソース

─────────────────────────────────

お客様から質問がありました。

「Accessから、SQL Serverにリンクをするときに、ODBC経由で、接続します。
ODBCで、「システムデータソース」を作成したのに、Accessのリンクで、ODBCで接続しようとするが、作成したデータソースが見えない」
ということです。

時々、こういうことがあります。

まず、「データソース」について説明します。

Accessから、SQL Serverにリンクなどをする場合は、ODBCを作成する必要があります。

実際の作成は、ODBCの中で「データソース」を作成します。

「データソース」には、以下の2つがあります。

  • 一つは「システムデータソース」です。
  • もう一つは「ユーザーデータソース」です。

「システムデータソース」を作成すると、Windowsにログインした、どのユーザーからでも使用することが出来ます。

「ユーザーデータソース」は、作成したユーザーのみ使用することが出来ます。

「システムデータソース」の作成方法を簡単に説明します。

  1. 「コントロールパネル」を表示します。

  2. 「管理ツール」をクリックします。

  3. 「ODBCデータソース(32ビット)」をダブルクリックします。
    64ビットのサーバーやパソコンでも、「32ビットのODBC」を使用してください。

  4. 「システムDSN」タブをクリックします。

  5. 「追加」をクリックします。

  6. 「データソースの新規作成」が表示されます。

  7. スクロールして一番下に移動します。

  8. 「SQL Server Native Client XX.0」がありますのでクリックします。 「SQL Server」が、昔のODBCです。無い場合は、これでも大丈夫です。
    SQL Server Native Client」の方が、新しいODBCです。
    バージョン(番号)の新しいものを選択します。

  9. 「完了」をクリックします。

  10. 新しい「データソース」の名前を入れます。何でもよいです。

  11. 「接続するSQL Serverサーバー名」を入力します。
    「SQL Server Management Studio」で「データベース」を最初に作成するときに入力した「インスタンス名」を選択します。
    表示されない場合は、入力します。

  12. 「次へ」をクリックします。

  13. 「ユーザーが入力するSQL Sever用のログインIDとパスワードを使う」をクリックします。

  14. ログイン名を入力します。

  15. 「パスワード」を入力します。

  16. 「次へ」をクリックします。

  17. 「規定のデータベースを以下のものに変更する」にチェックを入れます。

  18. ドロップダウンで、作成した「データベース」を選択します。

  19. 「次へ」をクリックします。

  20. 「完了」をクリックします。

  21. 「データソースのテスト」をクリックします。
    「SQL Server」へ接続できるかテストします

  22. 「テストは無事に完了しました」と表示されます。
    「ODBC」を使って「SQL Server」へ接続出来ました。

  23. 「OK」をクリックします。

  24. 前の画面に戻ります。

  25. 「OK」をクリックします。

  26. 「ODBC」の作成ができました。
    「ドライバー」が「SQL Server Native Client」になっています。

  27. 「OK」をクリックします。

「システムデータソース」を作成して、Accessから、リンクをする場合は、ODBCで、作成した「システムデータソース」が見えない場合があります。

このときは、「データソースの選択」画面から、「新規作成」でデータソースを作成します。
やり方は、上と同じです。
このデータソースは、「ユーザーデータソース」になります。

これでも、問題なく、SQL Serverに接続することが出来ます。


参考にしてください。



─────────────────────────────────
【03 - 編集後記    】       
─────────────────────────────────

急に暖かくなっています。

昨日の夕方は、暖かかったですね。
20度を越えていました。

梅は、もう咲いています。

春一番が吹いた所もあったようです。

そろそろ暖かくなって欲しいです。

でも、花粉症が激しくなっています。

それも困りますが。


◆私がアクセスをマスターできたのは!!
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko1.html  

テーブル作成からVBAまでマスターできます。 
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材です。
http://www.sk-access.com/kyozai/zaiko2.html  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ご意見・ご感想・ご質問
 
『メルマガでもっとお役にたてる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思っていることを教えてください。
宛先はこちらへです』

  •  kohnai★vega.ocn.ne.jp
      (高内:こうない:)
    (メールするときは、★を@に変えてください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎「これならわかるマイクロソフトアクセス活用法」 のバックナンバー・配信停止はこちら

archive.mag2.com/0000222659/index.html

◎以下のホームページからでもバックナンバーを見ることができます。

http://www.sk-access.com/mailmaga/index.html

登録・解除につきましてはご自身でお願いいたします。

※このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可無く転載することをを禁止させて頂きます。
必ず事前にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1週間でアクセス(Access)のシステム開発ができる〜
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材

「アクセスのプログラム/システムを短期間で開発したい方」、
「アクセスのフォーム/VBAを完全にマスターしたい方」のための
アクセス(Access)を使って1週間でシステム開発する究極の方法とは?

「アクセス(Access)のシステムを無料のSQL Server 2016 Expressへ
移行してみよう」教材

あなたの会社のアクセス(Access)のデータベースやシステムに不安を感じていませんか?
アクセスのデータ量が多くなり処理スピードが遅くなった。
アクセスのデータを共有したい。
セキュリティに不安がある。などと、感じている方は!!
(SQL Server 2016 Expressバージョンです。)


「アクセス(Access)プログラムの仕様書の作り方」教材
マイクロソフトアクセスを使用して、プログラムの作成/システム開発をおこないたい方の為に、
アクセス(Access)のプログラム開発に成功するために絶対に必要な「仕様書」とは?



[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス活用法(メールマガジン)(ホームへ)]
12:482003

アクセス全体

VBA

SQL Server