●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

プロパティとは


■「プロパティ」について説明します。

■「フォーム」に「コントロール」(部品)を作成すると、次は、その「コントロール」にいろいろな設定をする必要があります。
その設定をおこなう所が「プロパティ」(特性)です。
フォームの中では「プロパティシート」の中に設定します。

「プロパティ」は、「フォーム」の中の「テキストボックス」や「ボタン」などの「コントロール」全部に持っています。

例をあげて説明します。

「ボタン」の「プロパティ」で説明します。
「ボタン」を右クリックして「プロパティ」を表示させます。

以下のようになります。





「プロパティ」には大きく5つのタブに分かれています。
それぞれの内容を説明します。

(1)書式タブ
このコントールの表示や外観を設定します。

(2)データタブ
このコントールに連結されたデータの設定です。

(3)イベントタブ
このコントールに対していろいろなイベント(動作)を設定することができます。
例えば、「ボタン」に対してクリックしたときの処理を設定したい場合は、「クリック時」に設定します。

(4)その他
その他の設定です。
「コントロール」の「名前」や「タブ」の条件などを設定します。

(5)すべて
すべての設定が表示されます。

「プロパティ」について全部を覚える必要はありませんが、主な「コントロール」の重要な「プロパティ」は覚えておいた方が良いと思います。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
10:451804

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他