●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

クエリとは何か(全体での位置づけ)


■クエリとは、何でしょうか?

「アクセスの概要」の中でも説明しましたが、重要ですので再度説明します。

まず、アクセスの全体の中での「クエリ」の位置づけを理解する必要があります。




■上の図で、中央にいるのが「クエリさん」です。

「クエリさん」はテーブルのデータを使ってそのデータを「フォームさん」や「レポートさん」へ渡します。

また、「クエリ」のデータから直接、エクセルデータなどを作ることもできます。

「クエリ」は、データを作るときに以下のような、いろいろなことができます。

  • 「テーブル」からデータを取り出すことができます。

  • ある条件に合ったものだけを取り出すことができます。(抽出条件)

  • 並べ替えもできます。

  • 計算もできます。例えば「単価」と「売上数」が合った場合、2つを掛けて「売上金額」を計算することができます(演算フィールド)

  • テーブルの結合ができます。簡単に2つのデータを合わせたデータを作成することができます。

  • 項目別(グループ別)の合計も簡単に計算することができます。
などです。

■次にクエリのデータはどこに使用されるのかを説明します。

  • まず、データの入力のために画面(フォーム)を作ります。その入力用のデータとして「クエリ」を使用します。

  • 次に、帳票(レポート)用のデータとして使用します。

  • 最後に、このクエリのデータを外部へ、例えばエクセルなどにエクスポートしてエクセルデータとして使用します。
などです。

データの加工や分析/解析を行う場合は、アクセスの「テーブル」と「クエリ」だけ覚えるだけで、いろいろなデータを取り出すことができます。

この、2つをマスターするだけでも、会社でいろいろなことができるようになります。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
09:322208

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他