●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

クエリとは何か


「Accessのクエリ」について説明します


クエリとは


Accessのクエリとは、 テーブルのデータの抽出や加工が出来る機能をもったオブジェクト(物)です。
テーブルを操作するオブジェクトです。


クエリの位置づけ


上の説明ではよくわかりませんね

「アクセスの概要」の中でも説明しましたが、重要ですので再度説明します。

まず、アクセスの全体の中での「クエリ」の位置づけを理解する必要があります。




上の図で、中央にいるのが「クエリさん」です。

「クエリさん」は、「テーブル」のデータの抽出、加工などが簡単に出来ます。

通常は、「テーブル」などを、抽出する場合、「SQL文」という構文を習得する必要があります。
でも、「クエリ」を使うことにより、画面を見ながら、簡単に抽出や加工をおこなうことが出来ます。

また、「クエリ」のデータを「フォーム」や「レポート」へ渡すことも出来ます。

クエリで出来ること(機能)


「クエリ」の機能について説明します。

以下のような、いろいろなことができます。

  • 「テーブル」からデータを取り出すことができます。
  • ある条件に合ったものだけを取り出すことができます。(抽出条件)
  • 並べ替えもできます。
  • 計算もできます。
    例えば「単価」と「売上数」が合った場合、2つを掛けて「売上金額」を計算することができます(演算フィールド)
  • 項目を追加することも出来ます。
    計算した結果の「売上金額」を追加したい場合も項目を追加することが出来ます。
  • テーブルの結合ができます。
    簡単に2つのデータを合わせたデータを作成することができます。
  • 項目別(グループ別)の合計も簡単に計算することができます。
  • クエリから、「csv」データや「Excel」データを作成することが出来ます。

などです。

クエリのデータが使用される所


次に「クエリ」のデータは、どこに使用されるのかを説明します。

  • 画面(フォーム)のデータとして使用する事が出来ます。
    データの入力のために画面(フォーム)を作ります。
    その入力用のデータとして「クエリ」を使用することが出来ます。

  • 帳票(レポート)用のデータとして使用することが出来ます。

  • 外部へ、例えば「csv」ファイルやエクセルなどにエクスポートしてエクセルデータとして使用することが出来ます。

などです。

データの加工や分析/解析を行う場合は、アクセスの「テーブル」と「クエリ」だけ覚えるだけで、いろいろなデータを取り出すことができます。

この、2つをマスターするだけでも、会社でいろいろなことができるようになります。


クエリの構成


「クエリ」の構成について説明します。

まず、クエリの画面について説明します。

クエリの画面構成


「クエリ」の画面構成がどのようになっているのか説明します。

以下は、実際に作成した「クエリ」を表示しています。

クエリの画面構成

  • 「①」に作成した「クエリ」のオブジェクトの一覧が表示されています。
    その中の一つの「デザインビュー」を右に表示しています。
    「デザインビュー」とは設計図のようなものです。

  • 「②」にクエリが使用した「テーブル」が表示されています。
    どの「テーブル」のデータを使うかを選択します。
    複数の「テーブル」の結合なども出来ます。

  • 「③」に上の「テーブル」からデータとして表示する項目(フィールド)をここにドラッグします。
    ここで、「並べ替え」や「抽出条件」などを設定することが出来ます。
    新しい「項目」の作成や「関数」なども使用することが出来ます。

クエリの種類


「クエリ」は、抽出だけではなく、いろいろなことが出来ます。

どんなことが出来るのか、クエリの種類について説明します。

クエリの種類

「①」にいろいろな「クエリ」が表示されています。

大きく分けて3つのクループがあります。

  1. 選択クエリ
  2. アクションクエリ
  3. その他のクエリ

です。

それぞれの内容を説明します。

選択クエリ


「選択クエリ」とは、データを取り出すだけのクエリです。
テーブルなどのデータを抽出したり、並べ替えたり、計算させることができます。


「選択クエリ」には以下のような種類があります。

  1. 選択クエリ
    データの抽出や並べ替えをおこないます。

  2. 集計クエリ
    グループ別の集計をおこなうことができます。

  3. 重複クエリ
    重複したレコードを抽出することができます。

  4. 不一致クエリ
    2つのテーブルを比較して、不一致のレコードを抽出することができます。

  5. パラメータクエリ
    クエリを実行するとボックスが表示され、そこに入力したデータを表示します。

  6. クロス集計クエリ
    縦横の集計をおこなうことができます。

などです。

よく使用するのは、「選択クエリ」「集計クエリ」「パラメータクエリ」です。

アクションクエリ


次に「アクションクエリ」です

「アクションクエリ」は、アクション(行動)するクエリです。
テーブルの1部のデータを一活で修正したり、テーブルにデータを追加したり、削除したりすることができます。


「アクションクエリ」には以下のような種類があります。

  1. テーブル作成クエリ
    新しいテーブルを作成することができます。

  2. 更新クエリ
    データの1部を一括で更新することができます。

  3. 追加クエリ
    別のテーブルにレコードを追加することができます。

  4. 削除クエリ
    テーブルのデータを削除することができます。

などです。

これらのクエリは、使用頻度は少ないです。
一括でデータを更新したい場合は便利な「クエリ」です。

その他のクエリ


最後は「その他のクエリ」です。

以下のような種類があります。

  1. ユニオンクエリ
    複数のテーブルのレコードを縦に連結します。

  2. パススルークエリ
    SQL Serverなどに接続して、SQL Server側でクエリを動かしてデータを取得します。

  3. データ定義クエリ
    SQLステートメントでテーブルの構造を定義します。

などです。

この中で一番使用するのが「ユニオンクエリ」です。
同じフィールドを持った2のテーブルを合わせることができます。

例えば、
1月から12月までの「売上データ」があったとします。

それを使って年間(12ヶ月分)のデータを作る場合です。
このデータを作るためには、「ユニオンクエリ」を使用します。

「ユニオンクエリ」は、SQL文を直接書く必要があります。

クエリの作成


クエリの作成について説明します。

クエリの作成

クエリの作成方法には以下の3つのやり方があります。

  1. クエリウィザード
    表示された手順に従うことで、クエリを簡単に作成することが出来ます。

  2. デザインビュー
    何もない所から、クエリを作成します。

  3. SQLビュー
    SQL文の構文を直接入力することでクエリを作ってゆきます。

です。

「クエリデザイン」の作成方法をマスターした方が良いと思います。
一から(何もない最初)から作成する方法です。
「デザインビュー」とも呼んでいます。

「クエリウィザード」は、表示に従って、簡単に「クエリ」が作れるのですが、修正する場合は、必ず「デザインビュー」を使います。
結局、「クエリデザイン」(デザインビュー)のやり方を覚える必要がでてきます。

上のリボンの「作成」タブの「クエリ」グループの「クエリウィーザード」または「クエリデザイン」をクリックししてクエリを作成してゆきます。

クエリの実行と表示


「クエリ」の「実行」と「表示」について説明します。

「デザインビュー」で作成した「クエリ」のデータを表示する方法です。
実行するボタンやデザインビューの表示もあります。

クエリの実行と表示

以下のような方法があります。

  1. データシートビュー
    クエリで作成したデータを表示します。

  2. 実行
    リボンの「実行」をクリックすることによりクエリで作成したデータを表示します。
    「データシートビュー」と同じです。

  3. SQLビュー
    クエリで作成したものを「SQLの構文」で、見ることができます。

  4. デザインビュー
    クエリを作成するデザインビューです。

などです。

以下の「①」に、実際のクエリのデータ(データシートビュー)を表示しています。

クエリのデータシートビュー


クエリで学習する内容


クエリで学習する内容について説明します。

クエリでは、以下の内容を学習した方が良いと思います。
一応、順番にしています。

  1. クエリの作成方法
    「クエリデザイン」(デザインビュー)の作成方法をマスターした方が良いと思います。
    一から(何もない最初)から作成する方法です。

    「クエリウィザード」は、表示に従って、簡単に「クエリ」が作れるのですが、修正する場合は、必ず「デザインビュー」を使います。
    結局、「クエリデザイン」(デザインビュー)のやり方を覚える必要がでてきます。

    上のリボンの「作成」タブの「クエリ」グループの「クエリウィーザード」または「クエリデザイン」をクリックししてクエリを作成してゆきます。

  2. 選択クエリの作成
    「テーブル」からデータを取り出すやり方です。

  3. 抽出条件の設定
    ある条件に合ったものだけを取り出すやり方です。

  4. 並べ替え

  5. 演算フィールドの作成
    計算のやり方です。
    例えば「単価」と「売上数」が合った場合、2つを掛けて「売上金額」を計算するやり方です。

  6. パラメータクエリ
    いろいろな条件を入力することでデータの取り出すやり方です。

  7. アクションクエリ
    データの一括追加、更新、削除が出来ます。

  8. テーブルの結合
    簡単に2つのデータを合わせたデータを作成することができます。

  9. エクスポート
    クエリのデータを外部へ、例えば、「csv」や「Excel」データとして取り出すことが出来ます。

  10. 関数
    いろいろな要求に応じて関数を使用します。


などです。
他にもありますが、重要な内容です。





[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
10:493101

<<全ページのメニューリストです>>