●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

抽出条件の設定


■「クエリ」の「抽出条件」について説明します。

■「クエリ」では、いろいろな条件で抽出することができます。

覚える項目は、4つあります。

  1. まず、抽出条件を設定する場所です。

  2. 複数項目の抽出条件を入れる方法

  3. 次は入れる内容です。(比較演算子)

  4. 応用です。(ワイルドカード)

です。


■1.まず、抽出条件を入れる場所です。

以下のクエリを見てください。





項目(フィールド)の下の「抽出条件」の所へ条件を入力します。
文字は、そのまま入力しても自動的に「”」がつきます。
入力した条件のデータが抽出されます。


■2.複数項目の抽出条件を入れる方法

次に、複数項目で抽出条件を入力する場合は、2つのやり方があります。
  • 1つは、「And条件」です。

  • 2つめは「Or条件」です。

「And条件」は、ある項目の条件かつ違う項目で抽出します。
全部の条件に合ったものが抽出されます。
同じ列に入力します。

「Or条件」は、ある項目または違う項目で抽出します。
どちらかの条件にあったものを抽出します。
異なる列に入力します。

上の例は、「Or条件」です。
「And」と「Or」を両方使って複雑な抽出も可能になります。


■3.次は入れる内容です。(比較演算子)

そのまま、入力するとその入力項目と同じものが抽出されます。
その他では、


比較演算子 意味 例と意味
< より小さい <2000
2000以下
> より大きい >2000
2000以上
<= 以下 <=2000
2000を含んでそれ以下
>= 以上 >=2000
2000を含んでそれ以上
<> 含まない <>2000 
2000以外のデータを抽出
Between 範囲 Between 1000 and 2000
1000から2000まで1000と2000は含む。


などです。


■4.応用です。(ワイルドカード)

最後に、抽出条件で便利な機能があります。
「ワイルドカード」というのもです。

例えば、「顧客マスタ」があったとします。
その中に「住所」の項目があり、いろいろな顧客の住所があったとします。

この中から、
例えば「東京都」の「足立区」の住所の顧客を抽出したいときはどうしますか?

ここで便利なものが「ワイルドカード」です。

「住所」のフィールドに「like "*足立区*"」をつけて抽出すると「足立区」の入ったデータが全部表示されます。

「like」と「*」を使用します。
「*」は、何でもいいよという意味です。
「足立区」の前と後ろは何でもいいデータを抽出せよ。
ということです。

この機能は良く使いますので覚えていた方が良いです。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
09:322208

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他