●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

テーブルとは何か(全体での位置づけ)


■「まず、テーブルとは、何か?」について説明します。

「アクセスの概要」の中でも説明しましたが、重要ですので再度説明します。
アクセスの全体の中での「テーブル」の位置づけを理解する必要があります。




■アクセスを使用する場合に、必ず必要になるのが「テーブル」です。

「テーブル」は、データを保存する場所です。

「テーブル」の中にデータが無いとアクセスを使用することができません。
「クエリ」も「レポート」も使用できません。
「テーブル」は、一番基本となるデータです。

オブジェクトにある「テーブル」がデータの入った棚です。
この中に個別の「テーブル」があります。引き出しです。
「顧客データ」や「会社データ」です。

この「顧客データ」の項目名は「フィールド名」と呼びます。
中の内容は「データ」です。

1行のデータは「レコード」と呼びます。

何か、横文字が多くてややこしいですね。
でも、これを覚えないと次のステップへいけませんので覚えてください。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
12:160108

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他