●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

テーブルで覚えること


■「テーブル」で覚える内容です。

■テーブルで最初に必要なことは、データを作成することです。

■まず、テーブルがどのように出来ているのかを説明します。
例えば、「製品のデータ」を紙で管理するとします。

あなたは、どうしますか?

まず、どんなデータ(情報)を集めるのか決める必要があります。
「製品コード」や「製品名」などです。
データが決まればそのデータを集めます。

アクセスも同じです。

どんなデータかをまず決めます。
これを「フールド名」と呼んでいます。
そして、その「データの型」を決めます。

「データの型」を決めることによりそれ以外のデータの入力は出来なくなります。
例えば、日付の設定をすれば日付以外の入力は出来なくなります。
以下のようになります。





■アクセスでは、データを入力するには、いろいろなやりかたがあります。
アクセスの上にあるリボンの「作成」タブをクリックしてください。




以下のようないくつかメニューが表示されます。

アクセスで、新しいテーブルを作るやり方です。
以下の方法があります。

  1. テーブル
  2. テーブルデザイン
  3. SharePoint リスト

です。

この中で、重要なのは「テーブル」と「テーブルデザイン」です。

■1.テーブル

データを直接入力しながらテーブルを作成してゆきます。

■2.テーブルデザイン

最初に、データの項目(フィールド名)を定義します。
その後、その中にデータを入れていきます。

まず、「テーブルデザイン」でデータの項目(フィールド名)を定義してから、データを作成した方がよいです。

「SharePoint リスト」は、あまり使用しませんので、覚える必要はないと思います。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
12:160108

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他