●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

VBAとは何か(全体の中での位置づけ)


■VBAとは、どのようなものでしょうか?

プログラムを組むので難しい??

アクセスでは、テーブルとクエリでいろいろなデータを加工したり、抽出したりすることができます。

でも、フォームを作成して、いろいろなデータの入力、修正、削除処理やボタンのクリックの処理などを,行うには、マクロやVBAを覚える必要があります。





図の赤丸の所です。

VBAは、Visual Basic for Appication と言います。
ブイビーエーと呼びます。
ベーシック言語のひとつです。

エクセルにも、VBAがありますが、アクセスのVBAとコードが少し違っています。
エクセルのVBAをそのままコピーしてもアクセスでは動きません。

もちろん、エクセルのVBAを作成できれば、アクセスのVBAの習得は早いですね。

VB(ビジュアルベーシック)やVB.NET(ブイビードットネット)などもビジュアルベーシックですが、
内容は異なります。

アクセスのVBAをマスターした後、VB.NETをマスタする人は多いですね。

■VBAはどのようなときに使用するかを説明します。

例えば
ボタンをクリックしてフォームを開くという処理をします。

これをアクセスで作成する場合は、
  1. まずフォームにボタンを作成します。

  2. ボタンのプロパティのイベントタブの「クリック時」の横のボタンをクリックします。

  3. 「ビルダの選択」で「コードビルダ」を選択します。

  4. ビジュアルベーシックを書く画面がでます。

  5. ビジュアルベーシックのコードを書きます。
    フォームを開くというコードです。

以下のようになります。





■VBAのコードを記述する場所を説明します。

上のように、プロパティのイベントから直接VBAのコードの場所へいくことができます。

リボンからもビジュアルベーシックにいくこともできます。
「作成」タブの「マクロとコード」グループの「Visual Basic」をクリックします。

■VBAの処理のやり方

VBAの処理のやり方は、オブジェクト指向のやり方です。
今のプログラムは全部そうですね。

先ほどの
「ボタン」を「クリックしたら」「フォームを開く」という処理の場合は、

「ボタンを作って」「クリック時」のところに「フォームを開く」というVBAのコードを記述します。

VBAを書くのは、「フォームを開く」というコードだけです。

処理のやり方はそんなに難しくはありません。

でも、VBAを習得するのが難しいのは、いろいろなケースがあり、それぞれについて、全部内容が異なっているからです。

いろいろな場合のVBAのコードを持っておくことです。

ドラえもんのポケットですね。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
09:312208

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他