●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

VBAのデバッグのやり方


■VBAでのデバッグのやり方について説明します。

バグ(bug)とは、日本語で「虫」のことです。
デバッグ(debug)とは、害虫を除くという意味です。

つまり、VBAのコードの中の虫(エラーのある所)を除くということです。
エラーの修正ですね。

アクセスでフォームを作成したとき、いろいろな処理をします。

そのとき、VBA(ビジュアルベーシックフォアプリケーション)で処理のプログラム(コード)を作成します。

VBAのコードをコピーしたときは、あまり問題ないかもしれません。

でも、でも・・・・

VBAのコードを手入力なんかしたときは、悲惨ですね。

絶対に動きません。

エラーが発生します。なんで????

どこが悪いのかわかりません。

VBAの中をみてもわかりません。

■あなたはどうしますか?

VBAをやる人の多くは、ここであきらめてしまいます。
エラーのどの行が悪いのか知りたいですね。

そのやり方です。

1行1行動かしてみてエラーの場所を発見します。

もっとよいやり方があるかもしれません。
これは、私のやり方です。

以前は、この方法は、市販のVBAの本には記述はありませんでした。
アクセスを最初に勉強始めたときに、私はいろいろな本を探しましたが結局ありませんでした。
最近は、記述している書籍もあります。

この「VBAのデバッグのやり方」は、
我社が作成した「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」という教材の補足資料に入っているものを抜粋しました。
「在庫管理システムをアクセスで作ってみよう」教材のページの中央に、
「アクセス VBAデバッグのやり方」の無料レポート
がありますので、是非、ご覧ください。

これは、VBAを使用する人には、絶対に必要な知識です。




おすすめ教材


[↑一番上へ]
[マイクロソフトアクセス(Access)活用法(ホームへ)]
10:451804

<<全ページのメニューリストです>>

初めての方へ

参考書

データベースとは

アクセス(Access)の概要

アクセス(Access)の構成

テーブル

クエリ

フォーム

レポート

VBA

在庫管理の教材

SQL Serverの教材

QRコードの教材

仕様書の教材

資格取得

その他